business

できないと諦めるのはかんたん。問題解決能力(なんとかする力)こそが本当の仕事だ。

2017.07.30

できない理由はいくらでもある。逃げ道を自分で作るのはかんたん

問題解決2

仕事をしていると色々とトラブルや問題が発生しますよね。その時にどう対応するのかによって、その人のビジネススキルが問われると思います。もちろんすぐに解決するトラブルもあればそうでないトラブルもありますが、こうしたトラブルをなんとか解決する人とすぐに諦めてしまう人では、仕事における成長度合いは大きく変わってくると思います。



なぜなら、仕事とは、こういったトラブルや問題を解決して前に進める事が全てと言っても過言ではないからです。それに、ほとんどの人はトラブルや問題が発生するとすぐに諦めてしまいます。でも、仕事ができる人は、なんとかして仕事が進められるところまで持っていく事を諦めません。この力は一緒に仕事をする人にとっては非常に頼もしい力になりますので、問題解決力というのはとても重要なスキルと言えますね。



もちろん、時には自分自身の力だけでは解決しない場合もありますが、そんな時は、解決できる人を探し、お願いして、解決できるような動きを取る事ができます。このような動きはかんたんなようでなかなかできるものではありません。なぜなら、「できない理由を作るのはかんたん」であり、「できるようにするのはとても大変」だからです。


これからはトラブルや問題が発生した時の問題解決能力(なんとかする力)が問われる時代

問題解決3

これからは、何も問題のないごく普通の仕事はAIやロボットが行うようになると思います。そんな時に人間がどのようなところで活躍できるのかと言えば、トラブルや問題が発生した時に解決できる「なんとかする力」だと思います。この力をつけるにはすぐに諦めずに、色々な手段を試してみて、その結果をフィードバックして次に繋げる。このような事を繰り返し行い、解決策を探るしかありません。こういった地道な繰り返しが問題解決力(なんとかする力)を向上させるのだと思います。



この「なんとかする力」を手に入れる事ができれば、ひとつの分野だけではなく、色々な分野で役立つ事になると思います。なぜなら仕事は課題や問題、トラブルの連続であり、それを日々解決していく事で仕事が前に進むからです。だからこそ「なんとかする力」は、これからのビジネスパーソンにとってはとても強い武器になると言えますね。



問題解決


まとめ

トラブルや問題に負けずに仕事を前に進められる人がいると安心しますよね。そのようなビジネスパーソンになれるよう「なんとかする力」を身につけてみてはいかがでしょうか。