News

尊敬3

一緒に仕事をするメンバーへの尊敬の気持ちや気遣いが、信頼関係を作り大きな成果を生む

2017.08.02

一緒に仕事をするメンバーへの尊敬の気持ちや気遣いがない人は大きな成果を出せない

尊敬2

仕事をしていると一人の力というのは「高が知れている」というのがよくわかりますよね。自分でなんでもできると思っていても、仕事に関わる全てのことが得意な人というのは、案外少ないのではないでしょうか。多くの人は、多かれ少なかれ、他の人にサポートをしてもらいながら仕事をしているのだと思います。そのような状況で、一緒に仕事をしているメンバーへの気遣いができない人というのは、信頼関係を作れず、大きな成果を生むことができないのではと思います。


尊敬


例えば営業部門と技術部門があり、それぞれが「自分たちのおかげで仕事が成り立っている」という気持ちを持っているならば、相手部門への気遣いはなく、常に自分たちの事しか考えない対応になってしまうと思います。このような状況になると、自分たちの意見ややり方を最優先する事ばかり考えてしまい、相手との連携も悪く、結果として良い成果を出せないという事になります。これではせっかく能力の高い人であっても十分な成果が出せず、高い能力が無駄になってしまいますよね。


大切なのは一緒に働いている人への尊敬の気持ちと気遣い

尊敬3

良いチームというのは、一緒に働いている人や別部門の人に対しても、「自分たちにはできない事をやってくれている」という尊敬の気持ちやちょっとした気遣いを持っているものです。そのような尊敬の気持ちや気遣いは普段の仕事の中で相手に伝わるものですから、自然と雰囲気がよくなり、チームのパフォーマンスがアップするんですよね。



ちょっとした考え方の違いなのですが、この考え方の違いが仕事の中では大きな差になって出てきます。常に自分中心の考えなのか周りの人への尊敬の気持ちや気遣いをしながら仕事をしているのか、周りの人は割と気付いているものです。自分ひとりで何でもできると思っている人がいれば、いま一度自分の仕事を見直してみるのも良いかもしれませんね。


まとめ

一緒に仕事をするメンバーへの尊敬の気持ちや気遣いが信頼関係を作り大きな成果を生むものですよね。自分自身の仕事のやり方を定期的に見つめ直してみるのも良い事だと思います。