business

雰囲気

職場の雰囲気は、一人ひとりの言動によって良くも悪くもなる

2017.09.10

職場の雰囲気は、一人一人の言動によって作られている

雰囲気2

職場の雰囲気が悪くなる原因の多くは、一人一人の言動にあると思っています。ちょっとした気遣いがなかったり、人に対して、思いやりのない言葉を発したりと、一人一人の言動が伝染して、職場全体の雰囲気を作り上げてしまうのだと思います。



思いやりのない言葉をかけられた人は、別の人に対して、同じように思いやりのない言葉をかけてしまう事があると思います。そのような環境が長く続くと、職場全体がそのような雰囲気になってしまうものだと思います。


雰囲気3

逆に、常に思いやりを持って接している人が多い職場では、新しく入った人もそのような雰囲気が伝染し、自然と周りの人に思いやりを持つ事ができるようになるのだと思います。このように、一人一人の言動は、職場の雰囲気に大きく影響しています。だからこそ、一人一人が思いやりを持って相手に接する事が自分自身も楽しく仕事をする事に繋がるのだと思います。


楽しい雰囲気の職場は、一人一人が生き生きしている

雰囲気

楽しい雰囲気の職場では、仕事をしている全員が生き生きしているように思います。自分らしく、そして開放的な気分で仕事ができるのだと思います。反対に、ギスギスした職場では、全員が窮屈な思いをする事になります。常に相手の顔色を伺ったり、相手に叱られないような仕事をする事が最優先となってしまいます。これでは一人一人の個性がなくなってしまい、チームにとっても悪い影響しかなくなってしまいますね。


雰囲気4

だからこそ、一人一人が思いやりを持った言動をする事を心がけていきたいものですね。もちろん仕事ですから、しっかりとやるべき事が徹底されるようにしなければなりませんが、そんな中でも感情的になるのではなく、常に思いやりを持つ事を意識しておくだけで、相手の感じ方は大きく変わるものだと思います。


まとめ

職場の雰囲気は、一人一人が思いやりの気持ちを持つ事で、良くなっていくものですね。