business

片付け2

仕事を溜めてしまうと、片付けるまでに余計な時間や労力がかかってしまう

2017.09.19

仕事を溜めると、たくさんの仕事を並行して進める必要が出てくる

片付け

仕事をしていると、次々と割り込み作業や新しい作業が入ってくるものですよね。そんな時にサッと片付けずにいつまでも放置しておき、仕事を溜め続けてしまう事があるかと思います。その時はそれで良いかもしれませんが、このような後回しをする事で、自分自身の仕事が溜まってしまい、後から片付けるのに大変な思いをする事もありますね。



こういった事がないように、仕事はできる限り溜めず、先に片付けるクセを付けておくことはとても大切だと感じます。仕事を溜めてしまうと、通常時に比べて仕事を片付けるのに時間や労力がかかる場合が多いです。理由は複数の作業を並行して進めなければならないので、ひとつの作業を途中で中断し、別の作業に取り掛かるといった事を頻繁に行わなければならないからです。


片付け3

仕事が溜まっていなければ「一つの作業に集中し、それが終わったら次の作業に集中する」という事ができますが、仕事が溜まってしまうと色々な仕事が納期に追われている状況になりますので、並行して進めなければならないのです。人間の脳は1つしかありませんので、作業を切り替える時というのは一時的なロスが発生します。このロスが何度も繰り返されると、最終的に全ての仕事が終わるまでに大きな時間となってしまうのですね。


仕事を先回りして片付けるクセをつけておくと、頭も整理され仕事がスムーズに回る

片付け2

仕事を溜めるもうひとつのデメリットとしては、頭の中が整理できなくなるという点もあります。複数の作業を抱えると、「あれもやらなければ。」「これもやらなければ。」と常に意識しておく必要があります。そのような事を常に考えること自体が余計な仕事を増やしているとも言えます。ひとつずつしっかり片付けておけば、少なくとも終わった仕事については、いったん頭から解放できる為、頭の中が整理できることになりますね。



このように仕事を溜めると様々なデメリットが発生し、余計な労力や時間がかかってしまいます。実際に仕事をする自分自身にとっても不利になる事が多いと思いますので、できる限り、仕事が発生したらすぐに片付けるクセをつけるのが良いですね。さらに言えば、「今後、発生しそうな仕事」を先回りして把握し、先に進められるものは進めておくというクセがつくと、より自分自身の仕事がスムーズに進められると思います。


まとめ

仕事を先回りして片付けるクセをつけて、スムーズに仕事を進められるようになっていけると良いですね。