News

強み_自分自身2

自分自身の強みを知り、仕事ではそれを常に意識した動きをする事が大切

2017.11.21

自分自身の強みを作り、自分自身でその強みを認識する事が大切

強み_自分自身

仕事を行う上で、自分自身の強みを作り、その強みを認識する事が大切だと思います。誰でも得意な事と苦手な事がありますので、できる限り得意な事を行うようにしつつ、自分は他の人よりどういったところが強みとなるのかを常に意識しておくべきだと思います。仕事では他の人と同じような事をやっているだけではなかなか成長できませんので、自分が得意であり、他の人よりうまくできる事を認識してそこに注力した動きができるようにしたいものです。



・メールの返信がとてつもなく早い
・プログラムを最も効率よく書ける
・ロゴのデザインイメージがスッと出て、具現化できる



このように自分自身は他の人に比べて、どのような点が優れているのか、自分自身を客観的に見て、強みを認識する事が大切なのだと思います。


自分自身の強みを理解したら、その強みを意識した仕事をすべき

強み_自分自身3

強みを理解したら、次はその強みを意識した動きが大切です。例えば、メールの返信が早い人は、常にその点を意識して仕事をする事で、自分の強みをアピールする事ができます。プログラマーやデザイナーも同様です。他の人には真似できない仕事は、それをしっかりとアピールする事で、自分自身の強みとなり、それが自分の価値を高めていきます。



強みを持っているものの、そこをきちんとアピールできないと、「宝の持ち腐れ」となってしまいます。せっかくの強み(武器)があるのですから、それを常に意識した仕事をすることで、周りの人にも成果をしっかりと認識してもらえるのだと思います。


まとめ

自分自身の強みを理解して、それをしっかりと出せるような仕事のやり方を意識していきたいですね。