News

指示_説明_立場

指示や説明をするときは、相手の立場になった上で、本当に伝わるのかを考える

2017.12.06

指示や説明をするときは、読み手の立場になった上で、本当に伝わるのかを考える

指示_説明_立場2

打ち合わせ、電話、テキストなど、色々な場面で相手と認識合わせが必要になる事が多いかと思います。その時に、自分の中ではイメージができているのに、相手に伝わらないというケースは、誰でも経験がある事だと思います。これは、「相手の立場になって指示や説明ができていない」為に発生しているケースが多いです。相手の立場になればわかりますが、感覚では物事は伝わりません。伝わったと思っても認識違いが起きる事が多いです。



ですので、相手の立場になって、「この説明で本当に伝わるかな」という事を常に考えながら、説明・指示をする必要があります。そして時には、画像を使って表現するなどの手法で、相手に明確に伝える事も意識すべきだと思います。言葉やテキストとは違い、画像を用いる事で、正確に伝わるケースが多くなります。無駄なやり取りをなくす為にも、時には画像なども使って説明するクセも意識しておきたいですね。