News

温度感_微妙_把握

仕事の微妙な温度感をしっかり把握して対応する事が大切

2018.09.08

仕事の微妙な温度感を把握することで、仕事が円滑に進む

温度感_微妙_把握3

仕事では、「その仕事の温度感」を意識する事が大切です。



・スケジュール的な温度感
・品質的な温度感
・予算的な温度感



仕事の中で、これらの温度感を把握せずに仕事を進めてしまうと、周りの雰囲気に合わず、あまり良い仕事ができないように思います。



逆に、この温度感をしっかりと把握して、対応できている仕事は「関係者と呼吸が合っている」と言えます。



このような場合は、仕事にズレがなく、円滑に進む事が多いです。



でも、このような「温度感」という抽象的なものを把握するのは難しいですよね?そのような「温度感」をできる限り正確に把握するにはどうしたら良いでしょうか?


仕事の「温度感」を把握するためには、「相手の立場」を意識すること

温度感_微妙_把握2

仕事の「温度感」を把握するためには、「相手の立場」になって考える事が大切です。



今の状況を相手はどのように感じているのか?



このような意識を持つ事で、徐々に相手の気持ちがわかり、相手の「温度感」に合った仕事ができるようになるのだと思います。



逆に自分の事だけを考えて仕事をしていると、いつまで経っても「温度感」を把握することはできませんね。結局、



相手の立場になって、物事を考える



という「仕事の基本」をしっかりと意識できているかどうかが大切になるのですね。


まとめ

温度感_微妙_把握4

仕事の「微妙な温度感」を把握するのは難しい事ですが、まずは、「相手の立場になって考える」事を常に意識した仕事の仕方をしてみてはいかがでしょうか。