News

信頼関係2

信頼関係を築こうとするのであれば、最初から利益を優先すべきではない。

2017.08.08

最初から利益ばかりを優先した行動は相手に伝わる

信頼関係

仕事を行う上で「信頼関係」は最も重要だと言えますね。
一緒に仕事をする人との信頼関係、クライアントとの信頼な関係など、様々な人たちとの信頼関係を作る事で、仕事が円滑に回り、企業が存続していけるのだと思います。このように重要な「信頼関係」を作る上で、意識しておくべき事は、



信頼関係を作る前から利益を優先すべきではない。



という事ですね。信頼関係を作る前の段階で利益を優先するようでは信頼関係が作れないばかりか、仕事自体も円滑には進まないと思います。最初から利益ばかりを考えている人というのは相手に伝わりますし、そのような人には不信感を抱くようになり、徐々に人が離れていってしまいます。


仕事とは信頼関係を作る事で、お金をいただけるようになるもの

信頼関係2

仕事というのは「信頼を得るによってお金をいただく行為」と言っても過言ではありません。もちろん、「最初は全て赤字覚悟で仕事をする。」という事ではないのですが、最初から利益の事ばかり考えているというのは問題ですね。あくまで一緒に仕事をする人やクライアントとの信頼関係を第一に考えて、「信頼関係を作るためにかかる費用や労力は惜しまない」という姿勢はとても重要だと思います。そういった姿勢が信頼を生み、次の仕事につながり、仕事を円滑にしていくのだと思います。



信頼関係3

最初に信頼関係を作っておく事で、その後の仕事はとても円滑に進むものですが、目先の事ばかりを考えてしまうと、本当に大切な事を見落としがちになってしまいます。自分自身の仕事において、そのような仕事の仕方になっていないか、定期的に見直してみるのも良いかもしれませんね。


まとめ

仕事での「信頼関係」は、仕事を円滑に進める上で、最も重要なものという意識が必要ですね。