News

カスタム

カスタムフィールドを使ってWordPressで更新しやすい管理画面を!

2017.09.13

WordPressでカスタムフィールドを使用する場合、Advanced Custom Fieldsプラグインが便利!

カスタム2

WordPressで、ホームページやWebサイトを制作するメリットとしては「更新のしやすさ」という点があるかと思います。今は見栄えの良いホームページを制作するだけでなく、更新しやすい、使いやすいという点も重要視されるお客様が増えているように感じます。



そんな中で、より「更新のしやすさ」を向上させるプラグインとして、Advanced Custom Fieldsプラグインがあげられます。このプラグインの良いところは、なんといってもページのカスタマイズのしやすさです。通常は固定ページや投稿ページの管理画面は、1つ用意されており、そこに投稿内容や固定ページの内容を全て記載するのですが、デザイン性を考慮しようとすると固定ページや投稿ページにhtmlタグを記載する必要があり、それが未経験の方にはハードルが高いものとなっておりました。


カスタム3

そんな問題を解決するのが、Advanced Custom Fieldsプラグインです。このプラグインを使うことで、簡単に言えば、固定ページや投稿ページの記載部分を細かく分けることができ、それぞれの入力欄に決められた内容を入力するだけでデザイン性のあるページを作ることができるようになります。



■Advanced Custom Fieldsプラグイン参考サイト
http://kotori-blog.com/wordpress/advanced-custom-fields/
http://on-ze.com/archives/4961


カスタムフィールドを上手く使いこなす事が更新しやすいサイトを作る近道だ!

カスタム

Advanced Custom Fieldsがさらに便利なのは、カスタムフィールドに何も入力をしなかった場合は、その項目を表示させないように出来ることです。下記の参考サイトのように分岐処理を入れることで、各カスタムフィールドに入力された時と入力されていない時で処理を変えることもできます。これにより様々な条件にあった形でサイトを表示できるようになり、サイト更新者の利便性を向上させるサイト制作ができるようになります。



■参考サイト
http://takayakondo.com/wordpress-customfield-hide/


まとめ

カスタムフィールドを上手く使いこなし、サイトの見栄えだけでなく、お客様の要望に沿った管理画面の作成も意識していきたいものですね。