News

5分_処理_効率

5分以内の仕事であれば、すぐに処理した方が効率が上がる

2018.02.07

5分以内の仕事であれば、すぐに処理した方が効率が上がる

仕事で一番まずいのは、自分でボールを持ったまま、時間が経過してしまう事です。自分でボールを持っているということは、自分自身の対応が遅れているということになります。その理由は、「他の仕事があって手がつけられない」というものが多いかと思います。このような状況になるのは、自分にボールが来た時に、サッと片付けないことで起こる場合が多いです。すぐに片付くのに、後で着手する予定が、他の仕事も来てしまい、結局手をつけられない。という感じです。



ですので、目処として5分で片付く仕事はすぐに片付けて、自分のところにボールを置いておかない事が大切です。5分くらいの仕事であれば、今の優先作業にも大きく影響はないはずですし、1件仕事を処理しておくことで身も軽くなります。自分自身のTo Doリストが多くなるとそれだけでプレッシャーもかかるので、すぐに処理できる仕事はすぐに対応して効率を上げていきましょう。