News

交渉_想定_ゴール

交渉などでは、想定されるゴールを見据えた上で、次の一手を考えることが大切

2018.02.25

交渉などでは、想定されるゴールを見据えた上で、次の一手を考えることが大切

交渉_想定_ゴール3

仕事での交渉などにおいては、自分自身でどのようなゴールを設定し、それに向けてどのように動いていくのかが問われていると思っています。よく行き当たりばったりで仕事をしてしまう人がいますが、これは自分自身で想定されるゴールをイメージできていない場合が多いです。例えば、「自分自身はどういう結果を考えているのか?」「相手にとってメリットは出ているのか?」「相手にメリットがない場合、どういうゴールになる可能性があるのか?」というように、色々なシミュレーションをして、最終的にたどり着くゴールをいくつかイメージしておく事が大切です。



そうすれば、実際に交渉が進んだ中で、状況に応じて、いくつかのゴールの中のどれに進んでいるのかを自分自身で把握する事ができますし、自分自身でシミュレーションした範囲であれば、事前に想定していた対応が取れるので、慌てる必要はなくなります。逆に、常に行き当たりばったりで仕事をいていると、想定していないケースに対処することができなくなります。



交渉_想定_ゴール2

上記のような事もあり、できる限り、自分の目指したいゴールや想定されるゴールを見据え、色々なシミュレーションをした上で、次の一手を考えることがうまく交渉を進める第一歩なのだと思います。