News

遅れ_意味_可能性

遅れてもあまり問題のない仕事であれば、やっても意味がない仕事の可能性がある

2018.02.28

遅れてもあまり問題のない仕事であれば、やっても意味がない仕事の可能性がある

遅れ_意味_可能性2

仕事は納期が設定されていて、そこに向けて進めていくのが基本ですが、納期が大きくズレてしまうケースがあるかと思います。ここで考えなければならないのは、納期が遅れた事によって、会社として、個人として問題が出ているのか?という点です。



本来であれば、仕事は「やるべき事」をやっているはずなので、納期が遅れるということは、どこかに問題が出てくるはずです。



ところが納期が大幅に遅れても特に問題ないとしたら、それは



そもそもその仕事自体が、やっても意味がない仕事



の可能性があります。遅延や中断していても特に何も問題がない、もしくは影響がとても軽微なのであれば、そもそも納期を設定してやるべき仕事ではなかったという事になります。



このよう点からも、「本当にやるべき仕事」と「そうでない仕事」をしっかりと把握して、本当にやるべき仕事に注力していく事が大切だと感じます。