News

相手_説明_目線

内容を理解していない人に説明する場合は、相手の目線、状況で考える事が大切

2018.03.23

内容を理解していない人に説明する場合は、相手の目線で考える事が大切

相手に伝えたい事を伝えるというのは、けっこう難しい事です。自分が持っている知識と同様ではないという前提で、相手にわかりやすく伝える必要があるからです。説明が上手な人の傾向としては、



相手の目線、状況で考えられる



というのがあるかと思います。自分自身が相手の目線、立場になり、どのように説明すればわかりやすいのかという事を常に考えらえる人です。


相手_説明_目線3

逆に、説明が下手な人というのは、



自分が伝えたいように伝えている



人が多いように思います。これだと、相手に理解してもらおうというスタンスではなく、「自分が伝える作業をした」だけになってしまいますし、相手にしっかり伝わる可能性も低くなります。



このような事から、相手に何かを説明する上では、相手の目線、状況で考える事が、最も大切なポイントになってくるのだと思います。