News

伝え方_コミュニケーション_基本

相手がわかりやすい伝え方をする事が、コミュニケーションの基本!

2018.08.20

自分だけがわかる伝え方では、コミュニケーションしているとは言えない

伝え方_コミュニケーション_基本3

ディレクターやマネージャーはもちろん、人と関わる仕事をしている人のほとんどに言える事は、コミュニケーションを円滑に取れる人ほど仕事がスムーズに進むという事です。



ここでいう「コミュニケーションが円滑に取れる人」というのは、「話しやすい」というようなことではなく、「簡潔でわかりやすい伝え方ができる」という事になります。



つまり、相手にわかりやすく伝える能力がとても大切になるということです。



ただ、多くの人は、自分本位の伝え方や、自分だけがわかるような伝え方をしてしまいがちです。



これだと相手は理解できず、余計な時間がかかってしまいます。



このような人は、少し自分自身の伝え方を見直してみるのが良いと思います。


相手にわかりやすく伝えるコミュニケーションの基本とは!?

伝え方_コミュニケーション_基本2

相手に伝わりやすい、わかりやすいコミュニケーションをする上での基本はいくつかありますが、以下の点を意識しておくのは良いかと思います。



①相手に伝わる言葉になっているか?
自分だけが理解している内容や言葉はないか?をチェックしておく事は大切です。



②過去の背景・経緯を踏まえているか?
唐突に言われても「なんの話かわからない」事があります。過去の背景・経緯を踏まえて伝える事が大切です。



③相手に伝わるような書き方・言い方をしているか?
テキストであれば「送る前に読み直す」、口頭であれば「伝える前に自分自身で要点を頭で整理する」などして、この内容で相手に伝わるのかを自分自身でチェックしてからコミュニケーションすることも必要です。


まとめ

伝え方_コミュニケーション_基本4

このように、わかりやすく相手に伝えるポイントはいくつかありますので、相手から「どういうことですか?」と何度も聞き返される人は意識しておくと良いかもしれませんね!