News

状況_報告_大切

状況報告も、「大切な仕事」であるという認識が重要!

2018.09.06

状況報告ができていない仕事というのは、何もできていないのと同じ

状況_報告_大切2

仕事では「状況報告」がとても重要になります。



①仕事の認識合わせをする
②仕事を進める
③仕事の状況報告をする



この①、②、③を繰り返していく事で、仕事は進んでいきます。



ところが、たまに①、②だけを重視してしまい、③をおろそかにしてしまうケースが出てきます。



特に忙しい時などは、「②仕事を進める」という事に注力してしまいがちです。



もちろん仕事を進める事は大切ではあるのですが、それによって③の「状況報告」をおろそかにしてしまって良いというわけではありませんね。



仕事をしている本人としては、



仕事が進んでいるのだから良いだろう



と考える人も多いかもしれませんが、その仕事の状況を知る立場のクライアントなどからすると、



状況が見えないのであれば、仕事が進んでいないのと同じ



と感じる事でしょう。これは当然ですね。仕事の状況が相手に伝わる事で、初めて仕事が進んでいると理解できるからです。


状況報告も仕事のルーティーンに一つとして、徹底しよう!

状況_報告_大切3

そう考えると、状況報告の重要性も理解できると思います。



状況報告をおろそかにしてしまう人の傾向としては、



②仕事を進める > ③仕事の状況報告をする



というような重要度、優先度で仕事をしてしまっているように思います。この考え自体を改めて、



②仕事を進める = ③仕事の状況報告をする



というように②と③を同じ重要度、優先度で考える事が大切なのだと感じます。



どちらかというと、②と③はセットで一つの仕事という考えにする方が良いと思います。



この考えを持てると、「状況報告」自体もいい加減な報告ではなく、



相手にしっかりと伝わる報告



を心がけるようになりますので、これにより報告を受ける側との関係も円滑になっていきます。。


まとめ

状況_報告_大切4

いかがでしたか。「状況報告も大切な仕事である」という意識をしっかり持って、仕事を円滑に進められるようなビジネスパーソンになっていきましょう!