News

差別化_強み_アピール

「差別化ポイント」や「強み」をアピールできない提案は、相手に響かない

2018.09.07

競合が多い業種で意識すべきことは、「差別化」と「強み」

差別化_強み_アピール2

仕事で競合会社が多いような業種では、独自の「差別化できるポイント」や「強み」を持つ事が必要になります。



同じような企業・人が多い中で、その企業・人を選んでもらうためには、何かしらの「差別化ポイント」や「強み」を作っておかなければなりません。



逆にそのポイントさえあれば、その「差別化ポイント」や「強み」にマッチする企業や人とマッチングできる可能性が高くなります。



そう考えると、



自分の差別化ポイントや強みを理解し、相手に伝えられる



事がとても重要になると感じます。そして、このような「差別化ポイント」や「強み」をできる限り多く持っておく事が、より仕事をする上で重要になるのだと感じます。


「差別化ポイント」や「強み」のない提案は、相手に響かない

差別化_強み_アピール3

「差別化ポイント」や「強み」のない提案は相手に響かない可能性が高いです。



なぜなら、



競合が多くいる中で、その企業・人に仕事を頼むメリットがわからない



からです。もし、「差別化ポイント」や「強み」がわかれば、それを元に他の企業と比較する事ができますが、それがない場合は、その企業・人を選ぶ理由がないからです。



このような考えを持つと、「差別化ポイント」や「強み」を持ち、それをしっかりとアピールできる力というのは、企業にとっても、個人にとっても大切な事だとわかるかと思います。


まとめ

差別化_強み_アピール4

「差別化ポイント」や「強み」をアピールできる事は、仕事の基本になりますので、意識しておきたいところですね。