business

正確に_余計_時間

ひとつひとつの仕事を正確にやらないと、余計に時間がかかってしまう

2018.10.12

適当な仕事が「追加作業」を発生させてしまい、自分の首を絞める

正確に_余計_時間2

仕事では、忙しかったり、慌てていたりすると、仕事が適当になってしまう事があるかと思います。



でも、そのような適当な仕事をすると、大抵はその「ツケ」が自分自身に戻ってきてしまいます。



適当にやってしまった仕事がトラブルを招いたり、適当なやり方をした事で、仕事が無駄になったりといった感じです。



そうなると、時間の節約をしたつもりが逆に追加作業が発生してしまい、時間を浪費する事になります。



つまり、適当な仕事は「追加作業」を発生させてしまい、自分の首を絞める事になるのです。


ひとつひとつの仕事を正確にやることで、時間を節約できる

正確に_余計_時間3

反対にひとつひとつの仕事を丁寧に、正確に行う事で、その場は時間がかかるかもしれませんが、手戻りなどがなくなり、トータルでは時間を節約できる場合が多いです。



このように、トータルで考えて、最も良い仕事のやり方を選択できるのが、プロの仕事ですね。



忙しいと適当になってしまうという人は、このトータルとして考える意識を持つ事が大切なのだと感じます。



それに、「忙しいと適当になる」という人は、「忙しくなければ・・」という考えを持ってしまう事が多いと思いますが、



仕事は忙しくなる前提で考える



ということが大切なのだと感じます。



自分の都合の良い状況で仕事が進むことは、ほとんどありませんので、「どのような状況でも良いパフォーマンスを出せるやり方」を心がける必要がありますね。


まとめ

正確に_余計_時間4

ひとつひとつの仕事を丁寧に行い、トータルの仕事時間を短くできるような働き方をしていきましょう!