business

やりたい_やるべき_仕事_大切

「やりたい仕事」だけをやるのではなく、「やるべき仕事」に手をつけることが大切

2018.10.13

「やりたい仕事」だけをやっていると、仕事の優先順位を間違える

やりたい_やるべき_仕事_大切2

仕事においては、大きな方向性としては、「やりたい事を仕事にする」ことは大切なことだと思いますが、日々の細かい仕事については、「やりたい仕事」だけをやるというのはあまり良い選択ではないように思います。



日々の仕事において、「やりたい仕事」だけをやっている状況というのは、



・慣れている仕事なので楽にできる
・やりたい仕事だけに注力できる



というような傾向があるかと思いますが、ここには「やるべき仕事」という考え方が抜けてしまっています。



優秀な人で、「やりたい仕事」=「やるべき仕事」になっている人は良いのですが、多くの人は楽な方を考えてしまいますので、ついつい日々の「やりたい仕事」を優先してしまいがちです。



そうなると本来の仕事の優先順位を間違えてしまう事になるのです。


やるべき仕事の優先順位を上げることが大切

やりたい_やるべき_仕事_大切3

「やりたい仕事」をやることも重要ですが、「やるべき仕事」を優先度を上げて対応することは、さらに大切な事になります。



例えば、「新しい技術の習得」などは、今すぐにやらなくても仕事には影響は出ません。



ただ、日々の「やりたい仕事」を優先して、このような先を見据えた「やるべき仕事」を後回しにしていると、将来的には確実にマイナスになってしまいます。



「新しい技術の習得」など、将来必要な「やるべき仕事」を優先度を高くして行う事で、今だけでなく、将来的にも「やりたい仕事」を継続していけるようになるのだと思います。


まとめ

やりたい_やるべき_仕事_大切4

「やりたい仕事」と「やるべき仕事」をきちんと整理し、優先度を考えて、正しく仕事をしていきたいものですね。